昨年、成功大学(台湾)と弊社のRESPチーム若手メンバーが共同で、台湾の國家地震工程研究中心(NCREE)が主催したブラインド解析コンテスト(Blind Analysis Contest on a 7-story Reinforced Concrete Building under Near-fault Earthquake)に参加し、最優秀チームに選出されました。

今回の解析コンテストは、台湾で安全性が問題視されているピロティ形式の建物が、直下型地震発生時にどのような挙動をするのかを考察することと、各チームが提案した鉄筋コンクリート造建物の非線形時刻歴解析手法を比較することを目的に行われました。8つの国と地域から66チームがコンテストに参加し、解析手法の技術力を競い合いました。

コンテストの概要および解析手法の詳細については、弊社防災・減災エンジニアリングブログにてご確認いただけますと幸いです。

台湾ブラインド解析コンテストに参加してきました

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です