一部の階について他モデルと統合したい

複数の担当者でモデルを作成した場合など、2つのモデルをマージしたい場合に有用な機能を紹介します。

地上と地下のモデルを分割してモデル化しているユーザー様から上手に統合できないかという要望があり、この度機能追加しました。今回は形状のコピーとなるため、以下の注意点があります。

  • 軸名が一致している(軸位置はベースとなるデータの位置になります)
  • 階名が一致している
  • 階グループが一致している
  • 断面リストはコピーされないため、コピーするモデルにしか存在しない断面符号は追加する

※本機能は追加的に形状をコピーするわけではなく、コピー範囲のベースとなるデータの部材は全て削除され、コピーモデルの形状に置き換わります。

使い方と使用例

今回は以下の2つのモデルA,Bについて、モデルA(ベースモデル)にモデルB(コピーモデル)の地下部分をマージする例で手順を紹介します。

modelA
モデルA
modelB
モデルB

1.コピー元のデータを開き、「ファイル」→「他モデルの部材読込」を開く

コピーモデルにしかない「階」や「軸」が存在する場合、正しくコピーすることが出来ないため、ベースモデルにあらかじめ階や軸を追加する必要があります。また、階グループを一致させる必要があります。

 

2.コピーするモデルを選択し、コピーの範囲を指定する。

コピー範囲選択の際に、選択した階の上部および下部の水平材(梁材や水平ブレース等)をコピーの範囲に含めるかのチェックを入れます。

今回は地下階をコピーする場合のため、指定範囲最上階上部と最下階下部の水平部材を対象とするの両方にチェックを入れます。

 

3.「実行」を選択し、マージが完了したら「OK」を選択する。

コピーの範囲を間違えてしまった場合など、実行後にやり直したい場合には「キャンセル」ボタンを押すとモデルのマージはキャンセルされます。

 

4.モデルを確認し、コピー対象のモデルでのみ設定している断面符号を追記する。

コピーモデルでのみ設定している断面符号があれば、各要素が赤くエラーとなるため、断面リストに符号を追加します。

モデルAにモデルBの地下をコピー出来ていることを確認

 

今回使用したソフト RESP-D


時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム

詳細はこちらから

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です