Q-δ曲線上に各イベントをプロットしたい

設計する上では、Q-δ曲線上で変形角がどのくらいの時点でどのようなイベントが発生しているかを知ることは非常に重要かと思います。

ユーザー様からもQ-δ曲線上に各イベントをプロットしたい、という要望があり、この度機能追加しました。プロットできるのは以下です。

  • 一次設計時
  • 初降伏発生時
  • 架構設計変形時(これまでも対応済)

使い方と結果例

手順は以下の通りです。

 

1.荷重増分解析まで計算実行

 

2.静的解析構造計算書→「Setting」を開く

 

3.「層せん断力ー変形曲線」タブを選択

 

 

4.描画したいイベントをチェック

 

5.計算書出力を実行する

計算書出力結果

なお、架構設計変形時の描画をするには、静的荷重増分解析条件で「架構設計変形時を計算する」にチェックを入れておく必要があります。

以下にも説明があります。

【RESP-Dならできる50のこと】架構設計変形時の荷重倍率を知りたい

 

 

ご活用いただけますと幸いです。

 

今回使用したソフト RESP-D


時刻歴応答解析による設計を支援する統合構造計算プログラム

詳細はこちらから

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です